グローバルトレーニングスクール2017 第2回研修会 – 山口青年会議所

6月24日(土)

山口大学にてグローバルトレーニングスクール第二回研修会が、17日(土)に引き続き開催されました。

 

第二回研修会では、冒頭より福田理事長の挨拶に続いて、グローバルトレーニングスクール経験者で山口学芸大学の原さんより、実体験をもとに生徒たちへお話しをして頂きました。

 

青少年開発委員会の古屋委員が講師となって、韓国公州(コンジュ)の歴史と山口の歴史をレクチャー。

 

韓国語の基本と生活文化やマナーについてのヨン君が講義。

8月のグローバルトレーニングスクール本番では、公州からの子ども達が生徒の自宅にホームステイをします。簡単なハングルの基本も学びましたが、交流する上で相手の生活文化やマナーを知る事は大切な事ということも併せて学びました。

 

続いて、山口大学国際総合科学部3年生の木下和哉さんよりハンガリー留学体験、そして栗原百佳さんよりアメリカ留学体験を、それぞれ講話して頂きました。

テレビやネットでは分からない現地での生の経験談に生徒たちも興味津々だったこともあり、質問も多く飛び交いました。

  

山大の学食にて昼食。

 

お腹が満たされたあとは、ドイツ人教授で日本在住25年のレール・マルク教授より、「グローバル化とコミュニケーション」について、原始時代から始まる人間コミュニティとその中で生まれた伝達方法から現在に至るまでの過程など講義して頂きました。

  

場所を講義室から体育館に移し、参加生徒同士のコミュニケーションを深めるためのレクレーションを行い、韓国の生徒をお迎えするためのアトラクションの練習を行いこの日の研修モジュールを終えました。

 

第三回研修会は7月8日(土)、9日(日)の一泊二日で行います!

TOP