第23回 山口・公州ジュニア交流隊 2 – 山口青年会議所

8月5日(土)

初日に引き続き、二日目も大原湖でのスタート。朝食を食べた後はみんなでテントの片づけを行いました。

男女でそれぞれの班に分かれて一夜を過ごしたこともあって少しずつ生徒たちの距離は縮まったいるように感じました。

朝一番のアトラクションはカヌー。カヌーは二人きりの空間のため、言葉がうまく伝わらない中、ワン・ツー・ワン・ツー、ライト・レフト・ライト・レフトと息を合わせてしっかりとコミュニケーションをとっているように感じました。

その後は、バスに乗って津和野へ移動。津和野では稲荷神社でお参りをし昼食タイム。

昼食後は、紙すきに挑戦しました。地元の小学生は自分たちで和紙の卒業証書を作るんだとか…。交流隊のメンバーははがきを作成しました。どんなはがきができるのか楽しみです。

紙すき体験を行った後はSLで山口まで戻りました。車内ではすっかり仲良くなったメンバーの様子が見られました。

山口に戻り引き渡し式を終え、生徒たちはそれぞれの家庭へ。

3日目のホームステイです。ここからは完全に通訳もなく生徒同士、また受け入れ先の保護者の方も不安があったかもしれません。

しかし、この時間があったからの最終日。

空港では笑顔でのお別れ・・・?

例年は涙涙で抱き合う姿が見受けられていましたが、今年はなぜか笑顔。

と思いきや、やっぱり涙が出てきました。来年また会おうね!と約束をし、感動のお別れでした。

生徒たちを見ている我々も涙が出てきてしまいました。子どもたちからは勇気や感動をたくさんもらいました。いつかこのジュニア交流隊という経験が子どもたちの力になってくれることを祈っています。

ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

TOP