8月総会 – 山口青年会議所

2017年度8月総会

8月9日(水)

山口青年会議所の8月総会が開催されました。

冒頭、福田理事長より「満を持して挑むのはおこがましい」仕事や家族、そして特に8月という山口JC夏の陣という多忙なスケジュールの中で、万全の準備をしていくことも、貴重な時間の使い方も難しい。そして、事業や時間はメンバー自身を待ってくれない。自分自身の思うままのことをしていくことはできないが、お互いの足らずを補いあい、乗り切れば、きっとJC活動がまちづくりや人づくりに繋がっていく!大変重要なメッセージを伝えられました。

松浦直前理事長より、この総会をもって次年度理事長予定者および理事・監事予定者が決まり、いよいよ本年度と次年度の両者が平行に動き出す。当然、今年度が大事であるが、次年度も疎かにすることはできない。明るい豊かな社会の実現のため、我々青年会議所は未来に活動していく使命と意義がある。皆さんの活動に期待する!というエールをいただきました。

さて、その後総会の成立確認の後、議事が進められました。

結果、次年度理事長予定者に下道一範君が承認されました。

 


また下道予定者より、新しい次年度理事に、板垣君、金子君、蔵増君、定本君、杉野君、北條君、堀本君、本多君、松田君を。監事予定者に、木原君、津徳君を指名提案し、承認されました。

次年度の役員体制が決まり、いよいよ次年度のスタートです。

3分間スピーチは、関谷君と伊藤博志君による素晴らしいはつらつとしたスピーチ。こうと決めたら最後までやり抜く関谷君、起業やJCに入会を期に自分自身を自己改革してきた伊藤君。きっと次回にレベルアップされたスピーチが聞けることを楽しみにしています。

最後に、今年下関で行われる山口ブロック山口大会が行われるため、下関青年会議所のメンバーがPRされ、閉会しました。

TOP