理事長所信

Enjoy the new era!! ~自分と未来を創造しよう~

はじめに

新型コロナ“パンデミック”宣言から約2年、世界的大流行となった感染症。未曾有の国難にさらされながら、未だに私たちの生活に甚大な影響を及ぼしている。
誰もが一度立ち止まり、価値観を見直す時間を与えられた2020-2021。
生命としての『いのちを守る』行動と経済活動における『いのちを守る』選択をそれぞれが求められた。
今こそ、地域において新しい時代を作っていくのは私たち世代であり、それに必要なことは、考える時間や資本ではなく、強い情熱と行動。今できることを実行しよう!

JCI YAMAGUCHI BRANDING

山口青年会議所は、新しい価値観が多様化していく中、山口のまちに革新的な影響を与える事業を展開し多くの市民から関心と賛同を得て認められる団体にならなければならない。私たち自身がJC運動の理念や意義を深く理解し、全力で地域社会の発展に取り組む姿勢を発信し続け、組織のブランディングを高めることが必要です。
ブランディングとは共感や信頼を通じて、ブランドの価値を益々高めていくことです。たくさんのヒト、モノの魅力を感じ、この地域を愛することで会員一人ひとりが自らの価値意識と組織の使命を結びつけることができます。私たちの存在意義を明確にし、地域のリーダーとして山口青年会議所にしか出来ないことを追及し、積極的変化を生み出すため、新しいことへ果敢に挑戦していきます。JCの活動と意義を広く地域に発信し、受け手と心が響き合うような相互関係を築き、より多くの賛同者を得ることで、私たちの活動をさらに活性化する仕組みを構築します。

人が自然と集まる組織へ

青年会議所の会員数が減少傾向にあることは、高齢化社会や人口減少なども原因の一端ではありますが、JCの存在や活動内容が現代を生きる若者へ知れ渡っていないことが要因のひとつでもあります。
情報が溢れている現代の20代に知ってもらうためには、表面だけで感情の見えない公式発信では興味を引くことができません。可能性を秘めた20代は山口市に約2万人います。地元の名士やリーダーを目指す人、社会貢献意欲の高い人以外にも、JCを知ってもらう機会を平等に作ることは、私達の使命でもあります。LOMの多色なメンバー個人に、それぞれに合ったプラットフォームで、JC活動はもちろん、地域の魅力や個性を発信してもらい、個人の発信力、自己プロモーション力を強化してまいります。情報が溢れかえる現代において、個人の発信力を強化することに意味があり、公式発信ではできない「感情」を発信することが人々の心に触れ、その積み重ねが興味へ変わり、ひいては「JCブランド」を構築していくのです。
広報は、受け手に届いてはじめて始まります。その必要性と時代に沿った手法をメンバー個人が自覚し、個々の発信を続けることが「JCブランド確立」の一角となります。人が自然と集まる組織を目指し、知るから興味へ、興味から行動へ、自発的な問い合わせ数を向上させることで「拡大支援」に繋げてまいります!

各地青年会議所との共創と成長

2022年度は、当会より山口ブロック協議会会長を輩出致します。
それに伴う山口ブロック協議会への運営団の輩出、各委員会への出向者の輩出、ブロック会長輩出そのものが1年間を通した1つの大きな事業と言えます。そして、この事業を成功させるためには、数合わせの出向ではなく、出向者が出向の意味を理解し、目的意識を持って出向することが必要であり、LOMとしての積極的な事業への協力体制の構築が不可欠です。私自身、昨年度は出向させていただきましたが、他LOMのメンバーと共に1つの事業に携わり、作り上げることは、その事業の計画から実施に至るまで異なった手法を学び、異なった発想を得ることができる有意義な時間でした。そして、当会の事業だけでは得ることのできないJAYCEEとしての成長の機会をいただいたと感じます。2022年度はブロック会長の輩出によって、例年以上にそうした機会を得ることができるものと確信しております。出向したメンバーが各々の出向先から成長して戻り、出向先から多くの経験を持ち帰って還元することで、当会の成長につなげます!

まちづくり宣言

地方創生基本目標
「稼ぐ地域をつくるとともに、安心して働けるようにする」
「地方とのつながりを築き、地方への新しいひとの流れをつくる」
「結婚・出産・子育ての希望をかなえる」
「ひとが集う、安心して暮らすことができる魅力的な地域をつくる」
何を課題と捉え、誰の意識を変えるのか。
課題は山積みで、価値観の多様化している現代において、青年会議所の存在は必須である。 青年会議所は、先の見えないコロナ時代に地域に活力を与え、市民に活気を取り戻すことができる!山口にはJCがある!!

地域連携強化と地域価値の創造

地域課題の解消に向けて、地域の実態の把握が重要であり、この実態調査は、統計情報やアンケート調査等から分かる事実ではなく、地域住民の生の声に基づいた内容である必要がある。調査を実施する上でも、地域に根差し、時に自治体等が把握し得ないような地域の実態を熟知した青年会議所や地域コミュニティが欠かせないアクターとなります。
今後考えていかなければいけないことは、それぞれのセクターの人々がどうやって助け合えるか、相手の目的をどう理解するか、互いを生かし相互にメリットを感じ得る「質の高い関係性」をどのように構築するかが重要になってくる。地域課題の解決には、地域の仕組みや文化、人の価値観も含めた変化が必要であり、そのためには、中長期を見据えて、住民を巻き込み、企業や自治体、NPO等のそれぞれの組織も変化しながら、一歩を踏み出していくことが必要なのではないだろうか。「地方の時代」や「文化の時代」と呼ばれるように、身近な地域を中心として地域住民の間で、地域固有の個性豊かな伝統芸能やお祭りなどの活動への参加、歴史的な建造物・町並みや史跡等の保存・活用の取り組みなどが急速に高まってきています。
山口の伝統文化を支える地域住民や民間企業との連携を図りながら、山口にしかない価値を発信し、地域の魅力を創出します!

若者と親世代の意識改革

インターネットは今や現代社会における大人を含めた情報を得る貴重なツールにもなっています。しかし、この便利な道具も使い手次第では、時に人の力となり、時に凶器にもなってしまうことはインターネット普及時より問題視されており、依然として明確な解決策が見出せずにいるのが現状です。だからといって、インターネットというツール無しでは、もはや生活ができなくなってきている今だからこそ、それを使う人が学び、自らが答えを出し、正しく活用できるようになるメディアリテラシー教育を推進することが必要不可欠です。そのためには、自らで真実を捉え、答えを出し、行動することによってマインドチェンジする機会を提供する必要があります。
また、子ども達の学ぶ環境も、多様化しています。子ども達が自ら考え、課題を解決する能力が問われる中で、まずは親世代が多様化に対応し、地域の宝である子ども達の選択肢を増やす取り組みが必要です。
無限の可能性を秘めた柔軟な考えを持つ若者世代に対し、原体験を通じて自らがこれから何を成すべきであるかを考え、それに対して行動する機会を提供します。無数にある情報を自らのフィルターを通して正しい情報に変換するスキルの習得が必要です。変化を恐れずに。変化して初めて進化は始まります!

グローバルな視野と新たな思考

本年度はJCI公州との姉妹青年会議所締結して26年。しかし、慣例だけで締結の更新をするのではなく、両青年会議所がより良好で友好的な関係を築く必要があります。その為にも両青年会議所の会員がしっかりと関わることのできる交流を行います。また、目まぐるしい速度で国際化が進む中、よりグローバルな視野や思考を手にするためにもJCI公州だけに留まらず他国の青年会議所との交流も視野に入れ実行することがJCの醍醐味でありJAYCEEとしての枠を広げるために必要だと考えます!

新たな組織運営と情報発信

当会における総会、理事会、例会といった諸会議については、新型コロナ感染症の状況を注視しつつ、「ウィズコロナ」「アフターコロナ」の時代に合わせ、Webの活用も進めながら、確実に開催できるような体制にします。また、当会が創立以来66年にわたって作り上げてきた定款、諸規程を遵守しつつ、同時に時代に合わせた、実態に即した変更も行っていきます。特に、このコロナ禍にあって目立つ事業を実施するのが難しい中、日々の活動内容、地道に取り組む運動内容をわかりやすく発信することで青年会議所活動への認知がより高まると確信しています!

Enjoy the new era!! ~自分と未来を創造しよう~

最高の時代が到来した!
強く発信したもの、いち早く行動したものがこれからのルールになる。
皆が住みやすいまち“やまぐち”の実現に向けて新しい時代を楽しもう!!!

TOP