7月例会が行われました。

7月4日(水)ホテルかめ福にて7月例会が行われました。

7月例会設営を行った会員開発委員会は、青年会議所内で会員同士の交流を主として担当しております。

今回の例会アワーは「コミュニケーションの必要性と可能性」というテーマで行いました。

会社内での人間関係、家族との日常的なコミュニケーションは大切だということは、頭の中では分かってはいます。

しかし、なぜ大切なのかということ、なぜ高めていかないとならないのか、コミュニケーションが良くなるとどんな効果があるのか、を改めて考え、60分にまとめた上で、4人の会員に担当を分けて、プレゼンテーションを行いました。

7月例会に参加していただき、会員同士のより良い交流と、個々の関わる別のコミュニティでも発揮できる能力の醸成を目指しました。

アワー終了時には、会員自身が「より良いコミュニケーションを続けていくため」のきっかけを振り返りカードに記載してもらい、日常生活で振り返り、行動に移せるような工夫も行いました。

また、今月は山口青年会議所への入会も1名ありました。

山口市で、明治時代から経営をされております、老舗「山本工務店」の山本寛くんが入会されました。

これから40歳まで、よろしくお願いします!

記事が良かったら「イイね!」をお願いします!